カードローンをお得に利用する方法

お金が足りない時でも、カードローンを契約しておけば、いつでも簡単に借入れができるようになります。設定されている限度額を超えなければ、繰返し何度でも借入れと返済が可能です。

 

 

カードローンを契約したければ、消費者金融や銀行、信用金庫などで申込みが可能です。ただし、申込み先によってカードローンの契約内容は異なります。お得に利用をしたいのであれば、カードローンもきちんと比較すべきです。とはいえ、全ての項目を1つ1つ吟味していくのは大変です。自分にとって適したカードローン選びにはコツがあります。

 

長期的に利用する人向け

カードローン契約後は、長期的に借入れや返済を繰返していく予定であれば、重要なのは金利です。金利が低い程かかる利息は少なくなるので、それだけ損をしないで済みます。特に多額の借入れを希望している人や長期的に返済していく人にとって、金利による利息の差は大きくなります。

 

金利の低い所を探したければ、最高金利で比較するのがわかりやすいです。例えば大手消費者金融の場合、4.5%~18.0%というように金利に幅があります。これは銀行にも言えるのですが、自分に適用される金利で一番可能性が高いのが最高金利です。消費者金融であれば、18.0%の金利が掛かる可能性が高いです。一方銀行系のカードローンの場合、最高金利でも15.0%未満の所が多いです。

 

金利で比較するのであれば、銀行系のカードローンで、最高金利の低い所を探すとよいでしょう。借り入れを一本化するおまとめローンとして使うであれば金利は特に重要となるので、しっかりと上限金利で比較を行ってください。

 

一度限り借りたい人向け

カードローンは繰返し借入れが可能なカードですが、全員が繰返し借入れをしているわけではありません。急なトラブルでお金が必要になり、今回限りで考えている人も多いです。同じ条件ならば金利が低い方が有利ですが、1度限りの利用であれば、金利による利息の差もそれ程発生しません。むしろ金利が高いと言われている消費者金融の方が、お得になる可能性があります。

 

消費者金融の金利の相場は18.0%と高めですが、短期で返済してしまえるのであればそれ程利息はかかりません。特に大手消費者金融の場合、初回契約日から30日間無利息のサービスを行っている所もあります。

 

プロミスやアコム、アイフルなどであれば、30日間無利息で借りられるので、返済方法によっては全く利息を払わずに完済できるかもしれません。素早く借りながらも無利息での利用が可能となる女性も安心のプロミスなら、何かと頼れる借り入れが行えるようになっています。

 

審査が不安な人向け

カードローンの審査が不安だという人は、意外と多いです。収入が少ない、正社員でない、他でもローンを組んでいる、などの理由で審査が不安であれば、大手消費者金融がお勧めです。

 

消費者金融は金利が高いというのが難点ですが、裏を返せば審査も柔軟に対応してもらいやすいというメリットにもなります。一般的には、金利が低いカードローンほど申込み時の審査も厳しくなります。金利が高い消費者金融は、審査面では有利といえます。

 

また、銀行系のカードローンと比べて、大手消費者金融は審査の時間も短いのが特徴です。今まで蓄積してきたノウハウから申告項目を基にスコアリングして、融資できそうかどうかを判断します。個人消費者向けのカードローンとしては、銀行よりも消費者金融の方がキャリアが長く、審査は迅速でかつ柔軟に対応してくれます。

 

手続きの簡易さを求める人向け

カードローンのカードは全国の提携ATMなどから借入れや返済が可能になります。しかし、提携ATMの利用には利用手数料がかかる場合があります。また、忙しくてATMに行く時間も惜しいという人も意外と多いです。

 

もしも借入れや返済の手数料や手間を考えているのであれば、インターネットから借入れや返済できるカードローンが便利です。スマホを使っていつでも振込などが行えるので、時間のない人にとっては重宝するでしょう。

 

大手消費者金融でも銀行でも、インターネットバンキングに対応しているかどうかは事前に確認しておきましょう。